民主党県議団有志(大渕健県議、石塚健県議、上杉知之県議)は、このたびの豪雨水害の現状把握を目的に、阿賀町を中心に視察を行った。



先のブログにて報告した通り、道の駅阿賀の里にて、被害状況を把握。その後、津川漕艇場、谷沢地区などを視察した(下写真)。

CIMG1489
被害を受けた津川漕艇場

CIMG1492
津川漕艇場では、仙台市で開催されたインターハイに出場した帰りに寄った京都の高校生と地元・県立阿賀黎明高校の学生が泥出しのボランティアを行っていた。

CIMG1497
津川漕艇場にほど近い場所。相当量の土砂が堆積している。
グーグルマップで言うと、阿賀野川という文字のある西側(向かって左手)数百メートルの場所から、阿賀野川という文字のある付近を撮影したもの。土砂はまったく見えない。