【6 月定例会】
 6月定例会は6月28日(水)~7月14日(金)の日程で開催中です。

「集中豪雨災害対策本部」を設置

民主党新潟県連では本日、「集中豪雨災害対策本部」を設置し、事務局長に県議会派団長で県連幹事長でもある市川政広県議が就いた。

また委員には、内山五郎県議、大渕健県議、石塚健県議、梅谷守県議、上杉知之県議、高倉栄県議が就いた。

 

県内では15市で正午現在、約40万人に避難勧告・指示が出されている。

 

本部では、被害状況を把握し、政府・民主党本部をはじめ、新潟県など関係機関に迅速な対応を働きかけていく。

 

また今後、

・新潟県に対する緊急申し入れ

・政府・民主党本部に対する緊急申し入れ

・現地視察および要望聴取

・義援募金活動

などに取り組んでいく。

被災地ボランティアに参加

民主党県議団の有志(大渕健県議、上杉知之県議)は、宮城県東松島市にて復興ボランティア活動を行った。

 

水害や震災で全国にお世話になった恩返しをしたいと集まった新潟恩返し隊のコーディネートによる東日本大震災の復旧ボランティアツアーに参加したもので、バス2台に、およそ80人が参加した。

 

バスは午前4時に新潟を出発し、9時過ぎに現地到着。15時まで住宅地の側溝のヘドロ出しを行った。

後片付け後、午後4時すぎに現地を出発。新潟には21時すぎに着いた。

 

上杉県議は、「今回のツアーはとても気持ちのよいものだった。機会があればまた参加したい」と語っていた。


29af416a19c928824bcbb0d8a2642675
大渕県議

93e495a28f9a089e7608e71675092331
ボランティアの様子

2b6cb4bafb6d750a98b620daab360859

稲わら問題に関する要望書を提出

放射性セシウムに汚染された県外産の稲わらが新潟県内などで牛のえさに使われていた“稲わら問題”に対し、会派県議団は、北島智子副知事に対し、庁内横断的な体制強化、他県との情報共有化の強化などを骨子とする要望書(5項目)を手渡した。

北島副知事は、5項目いずれも重要な課題であるとし、要望に対し前向きに取り組んでいく旨を語っていた。

CIMG1106

CIMG1112

DSC00860
北島智子副知事に要望を手渡す、

image002

image001
要望書

党議

午前中、党議を開催した。

まず福島県・宮城県産稲わらの放射線物質検査結果について農林水産部より、北陸新幹線及び並行在来線について交通政策局より、平成22年度一般会計決算について総務管理部より説明を受けた。

引き続き、民主党県連内に設置されているワーキングチームについて議論。

これまで4あったワーキングチームを「農林水産・中小企業対策」「教育・拉致問題対策」「福祉・医療対策」の3つに再編するとともに、座長には県議が就くことを確認。併せてこれまであった県政検証委員会の構成メンバーも決めた。

なお構成メンバーは以下のとおり。

農林水産・中小企業対策

座長=大渕健県議
事務局長=梅谷守県議
新潟市議会議員
三条市議会議員
村上市議会議員

教育・拉致問題対策

座長=市川政広県議
事務局長=高倉栄県議
新潟市議会議員
柏崎市議会議員
佐渡市議会議員

福祉・医療対策

座長=内山五郎県議
事務局長=石塚健県議
事務局次長=上杉知之県議
新潟市議会議員
十日町市議会議員
見附市議会議員

県政検証委員会

座長=西村智奈美衆議院議員
事務局長=市川政広県議
事務局次長=上杉知之県議
ほか県議が委員

ワーキングチームでは、視察、意見交換、セミナー開催といった活動を通じて、平成24年度県予算要望につなげていくほか、各議員の政策提案力の向上を目指していく。

CIMG1094

CIMG1097

古町にて街宣を実施

県議会定例会閉会後に街宣を実施し、会派県議が道行く人々に、それぞれの立場から、本日閉会した県議会報告を行った。

なお古町での街宣は県議会閉会後に毎回実施している。

CIMG0934

CIMG0937

知事訪問

定例会終了後、会派の党議室にて、泉田裕彦知事、県警本部長の訪問を受けた。

泉田知事は、今回の定例会で頂いた意見を今後県政に反映させていく方針を語った。

CIMG0922

CIMG0933

CIMG0930

今回提出した意見書

その他、わが会派が今定例会に提出した意見書は以下の通り。

image001
image002
image007
image008


今回提出した意見書(採択)

わが会派が今定例会に提出し、採択された意見書は以下の通り。

image004

image005

image006
image003

県議会6月定例会が閉会

午後より県議会6月定例会が開会し、議案、請願、陳情、追加議案、発議案(意見書、決議)の採決が行われた。
議案は全て可決された。

一方、わが党からは、
「更なる震災復旧・復興の加速を求める意見書」
「新潟水俣病の解決に向けた取組強化を求める意見書」
「領土、主権を断固として守るため毅然とした外交姿勢を求める意見書」
「北朝鮮による拉致問題の解決を求める意見書」
「郵政改革法案の速やかな成立を求める意見書」
「国民生活の安全と安心を確保する放射線対策を求める意見書」
「持続可能なエネルギー総合政策の構築を求める意見書」
「日本海国土軸の形成を求める意見書」

を提出。


このうち、
「新潟水俣病の解決に向けた取組強化を求める意見書」
「領土、主権を断固として守るため毅然とした外交姿勢を求める意見書」
「北朝鮮による拉致問題の解決を求める意見書」
「国民生活の安全と安心を確保する放射線対策を求める意見書」
が賛成多数で採択され、衆参議院議長や担当大臣に送られることとなった。


なお
「更「日本海国土軸の形成を求める意見書」
「更なる震災復旧・復興の加速を求める意見書」
で石塚健議員、上杉知之議員が趣旨弁明を行った。


県議会6月定例会は本日をもって閉会となった。終了後、会派の党議室にて、泉田裕彦知事、県警本部長の訪問を受けた。

DSC_0195
石塚健県議

DSC_0256
上杉知之県議

党議

午前中、党議が開催された。

前日(14日)の議会運営委員会の協議結果について報告がなされたほか、今後の会派視察について議論した。

なお会派では8月上旬に北陸新幹線に関して北陸方面に視察することが決まった。

CIMG0916

連絡先
新潟県議会
未来にいがた執務室

〒950-8570
新潟市中央区新光町4-1
TEL 025(280)5510
FAX 025(280)5492
県議会日程
月別記事
関連サイト



記事検索
お気に入り登録


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ