【6 月定例会】
 6月定例会は6月7日(火)~6月23日(木)の日程で開催されました。

【会派名変更】
4月11日より、民主にいがた県議団は、会派名を「民進にいがた」に変更しました。

党議

民進にいがた県議団は、本日11時より党議を開催した。

党議では、事前に開催された議会運営委員会・各党会派代表者会議の内容について確認したほか、日本海横断航路の船舶調達問題について担当課から説明を聴取した。

船舶調達に関する仲裁結果が出たことを受け、これまでの経緯や仲裁の内容等について説明を受けたが、肝心の売買契約に関しては守秘義務が継続されており、未だ詳細が不明であるため、9月定例会に向けて引き続き調査していくことを確認した。

6月定例会が閉会

午後1時より本会議が開かれ、議案、請願・陳情、発議案の採決が行われた。
知事提出議案は全て可決された。

議員発議では、わが会派から下記の意見書案を提出し、それぞれ表記の結果となった。

適正公正な課税を求める意見書」(否決)

最低賃金の引上げに向けた意見書」(否決)

同一労働同一賃金の法制化に向けた意見書」(否決)

保育士・介護職員の人材確保に向けた処遇改善を求める意見書」(否決)



その後、正副議長の選挙が行われたほか、本年度の所属委員会が決定した。わが党の所属は下記の通り。

◎議会運営委員会    大渕健、高倉栄


◎常任委員会
〇総務文教委員会    大渕健、秋山三枝子

〇厚生環境委員会    高倉栄

〇産業経済委員会    小島晋、藤田博史

〇建設公安委員会    上杉知之、佐藤伸広


◎特別委員会
〇人口減少問題対策特別委員会   高倉栄(副委員長)、上杉知之、小島晋

〇総合交通・防災対策特別委員会  大渕健(副委員長)、藤田博史

〇新農業戦略対策特別委員会     秋山三枝子、佐藤伸広


なお、監査委員に民進にいがたから上杉知之議員が選任された。

連合委員会

県議会6月定例会は連合委員会が開かれ、民進にいがた県議団から高倉栄県議が質問に立った。主な質問項目は下記の通り。

1 県央基幹病院と取り巻く医療体制について
2 知事の政治姿勢について

1465888975305

一般質問

県議会6月定例会は県政に対する一般質問が行われ、民進にいがた県議団からは秋山三枝子県議、佐藤伸広県議が質問した。質問項目は下記の通り。

秋山三枝子県議
1 大規模災害時の対策について
2 女性活躍推進法について
3 こころとくらしの安心安全について
4 農業施策について
5 地域課題について

佐藤伸広県議
1 子どもの貧困対策推進計画について
2 日本海横断航路について

DSC_0259
秋山三枝子県議

DSC_0074
佐藤伸広県議

代表質問

県議会6月定例会は代表質問が行われ、民進にいがた県議団からは上杉知之県議が質問に立ち、知事の政治姿勢、県政の諸課題、防災対策、教育問題等について質した。

DSC_0009

6月定例会開会

県議会6月定例会が開会。

今日は本会議が開かれ、泉田知事が前議会以降の県政の主な動きと提案された議案の概要について説明した。

【前議会以降の県政の主な動き】
・地域経済の再生に向けた取組について
・防災・減災対策について
・地方創生と人口減少問題への対応について
・農業振興について
・地域医療体制の確保と福祉の向上について
・個を伸ばす教育について
・交流の拡大について
・原子力防災対策等について
・北朝鮮による拉致問題について
・福祉保健部関係の法定計画がまとめに至らなかった問題への対応について

会派名を変更

民主にいがた県議団は、会派名を 「民進にいがた」 に変更しました。

佐賀県議会を訪問

民主にいがた県議団の県外行政視察最終日は、佐賀県議会を訪問。玄海原発の再稼働に関する県の検討状況について説明を受け、質疑応答と意見交換を行った。安定ヨウ素剤の配布、避難計画の策定等、原発立地県はどこも同じ様な課題を抱えている。国が責任を持って課題解決に向け対応することが求められる。

12809737_570308646479142_6841099302753942111_n

12919791_570308683145805_2930888063825639541_n

佐賀県DV総合対策センターを視察

民主にいがた県議団の県外行政視察2日目は、佐賀県DV総合対策センターを訪問、性暴力救援センター・さが「さがmirai」 の取組について視察を行った。佐賀県の性暴力支援事業は行政が支援するはじめての事業であり、当時の知事が必要性を訴え裁判所、市町、医療機関の連携で被害者支援を行っている。近年はSNSの発達による若年者の被害が増えおり、スマホのオンラインゲーム等で知り合い、そこから被害に遭うケースも多い。被害者への手厚い支援を短期間で行う事によりPTSDの発症を防ぐ事が出来るとのこと。新潟県では今年の12月から支援事業がスタートするが、まだまだ支援体制の充実に努めなければならない。

12321252_569777389865601_5068056212007243962_n

12936615_569777369865603_1891081989492555965_n

12932824_569777346532272_3201985989926028811_n

島根県議会を訪問

民主にいがたは県議団は、3月29日から31日までの日程で県外行政視察を実施。

初日は島根県議会を訪問。原子力発電の安全対策について島根県の取り組みの説明を受け質疑応答と意見交換を行った。国による広域避難の支援体制の強化、安定ヨウ素剤の配布体制整備など、本県と同じ課題が検討項目としてあげられている。

12936544_569469139896426_1075972557003379064_n

11059905_569469136563093_5098564319213029780_n

12924461_569469156563091_5456087033313657408_n

12923114_569469183229755_1323443939879943210_n

連絡先
新潟県議会
民進にいがた執務室

〒950-8570
新潟市中央区新光町4-1
TEL 025(280)5510
FAX 025(280)5492

ご意見・お問い合わせ
kenren@dp-niigata.jp
月別記事
記事検索
お気に入り登録


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ